川崎市民間企業等職務経験者採用(中途採用)の攻略法! 非常に対策がカンタンな試験です。

公務員へ転職
公務員へ転職川崎市
 
\フォローする/

公務員の社会人採用のなかでも、川崎市は非常に対策しやすい試験です。

しかし、ほとんどの受験者は付け焼き刃で挑み、残念な結果に終わってしまっています。

そこでこの記事は、付け焼き刃ではなく盤石な対策で臨めるように「川崎市民間企業等職務経験者」の内容と対策について徹底解説します!

これを読めば他の受験者と大差をつけることができると思います。

※薬剤師免許が必要な「薬剤師職区分」は割愛させて頂きます。

受験資格は非常にシンプル

中途採用は何かと条件が厳しいことが多いですが、川崎市民間企業等職務経験者採用の場合は満たすべき受験資格は年齢制限と職務経験のみです。※「禁錮中ではない」など当たり前の要件は除く

年齢制限

試験の実施される年の4月1日現在で満29歳以上59歳未満の人が対象です。

これはすべての区分(行政事務、社会福祉、土木、電気、機械、建築)で共通です。

職務経験

区分によって要件が異なります。

なお、「職務経験」には、会社員や公務員等として週当たり 30 時間程度の勤務を1年以上継続したものが該当し、これらの職務経験期間が直近7年中5年以上あることを要します。

つまり、連続5年間勤務した経験である必要はなく1年以上の経験を合算して5年以上ならOKです

また、正規・非正規などの雇用形態は問いません。ただし、休業期間(育児休業、介護休業等)は、職務経験期間に含めることはできませんのでご注意ください。

行政事務

次のどちらかの経験を有する人が対象です。

・民間企業等における職務経験が直近 7 年中 5 年以上ある人
・青年海外協力隊等としての海外における国際貢献活動経験が直近 7 年中継続して 2 年以上ある人

社会福祉

社会福祉士又は精神保健福祉士の資格を登録しており、次のどちらかの経験を有する人が対象です。

・社会福祉施設等における相談業務等の職務経験が直近 7 年中 5 年以上ある人
・青年海外協力隊等としての海外の社会福祉施設等における相談等の国際貢献活動経験が直近7 年中継続して 2 年以上ある人

土木、電気、機械、 建築

次のどちらかの経験を有する人が対象です。

・民間企業等における各試験区分に関連した実務経験(設計、施工監理等)が直近 7 年中 5 年以上ある人
・青年海外協力隊等としての各試験区分の主な職務概要に関連した海外における国際貢献活動経
験が直近 7 年中継続して 2 年以上ある人

先輩合格者
先輩合格者

どの区分でも公務員としての職務もカウントされる貴重な試験です!

初任給

初任給は学歴、職務経験年数に応じて変動します。

目安として以下の通り示されています。

経歴初任給
大卒、職務経験7年261,200 円程度
大卒、職務経験12年292,700 円程度
大卒、職務経験17年318,100 円程度

この他にも、期末・勤勉手当(4.45月分)が支給されます。

また、支給要件に該当する方には、通勤手当(1箇月当たり最高55,000 円)、扶養手当、住居手当(1箇月あたり最高 25,200 円)等の諸手当が支給されます。

試験スケジュール

例年、7月に選考案内が始まり、12月に最終合格発表が出されます。

先輩合格者
先輩合格者

約半年の決戦です!

令和3年度のスケジュールを基に採用内定までの流れを見ていきましょう。

採用内定までの流れ
  • 7/21
    受験案内公開

  • 7/21~8/12
    受験申込期間
    • インターネット申込
    • 最終日は午後5時まで受信有効なので注意!

  • 10/17
    1次試験
    試験(事務時間内容
    教養(択一式)120分40題必須回答
    経験論文80分1,000~1,200字

    ※ただし、1次試験の合否は教養のみで行われる。論文は2次試験の合否に使われる。

  • 面談試験(行政事務のみ)

    机を挟んだ対話形式(2対1)の個別面談を行い、人物的な側面、仕事に対する意欲・適性、コミュニケーション能力などを評価します

  • 行政以外 10/28
    行政 11/19
    1次試験合格発表
  • 11/27 or 28
    2次試験

    個別面接(3 対 1)を行い、人物的な側面、仕事に対する意欲・適性、コミュニケーション能力などを評価します。

  • 12/16
    最終合格発表

 

川崎市民間企業等経験者(行政事務)の倍率

川崎市は人気の自治体なので、倍率はやや高めです。

しかし実際は、対策なしでぶっつけ本番の人や記念受験が多いため、実質倍率はかなり低いようです。

年度令和2年度令和元年度平成30年度
行政事務38.817.520.0
社会福祉3.12.93.9
土木2.02.43.4
電気2.41.55.0
機械2.74.42.7
建築3.02.64.3
川崎市過去の試験実施状況(https://www.city.kawasaki.jp/shisei/category/61-1-19-3-0-0-0-0-0-0.html

技術系の倍率が非常に穏やかですね。

行政事務は一見、高倍率に見えますが、川崎市は受験資格がとても緩く軽い気持ちで応募してくる人が非常に多いため、実質の競争率はかなり低いと考えられます。

第1次試験の傾向と対策

第1次試験の内容は次の通りです。

試験内容時間
教養択一式40問120分
論文経験論文60分
面談(行政事務のみ)2対1の個別面談20分

注意したいのが、1次試験の合否には論文は関係ない点です。

1次試験で論文は書かせますが、論文の成績は2次試験の合否に使われます。

筆記試験はまとめて1次試験の会場で終わらせてしまいたい、川崎市側の都合です。

とはいえ受験者からすると、そんなのは関係なく教養も論文もどちらも重要なので手を抜くことはできません。

では、それぞれの傾向と対策を見ていきましょう。

教養試験

一般的な公務員試験とほとんど変わらないスタンダードな内容です。

地方上級(大卒程度)試験と内容はほぼ同じですが、難易度はかなり低めです。

無対策でも行けそうですが、念のため 地方上級(大卒程度) の過去問集を使って対策するのがいいでしょう。

公務員試験は、過去問や他の試験区分から問題を借りてくることが非常に多いので、過去問対策が最強の対策になります。

おすすめはやはり定番の「過去問500」です。このレベルに慣れると社会人採用の教養試験は楽勝になりますので、高地トレーニングのような感覚で実力をつけることができます。

まずは過去問を解いて感覚をつかみ、その上で参考書で補強する流れが良いでしょう。

論文

与えられたテーマについて、あなたの経験をどのように生かすことができるのか1,000字~1,200字で論じます。

過去の出題文は以下の通りです。

【令和2年度】

 川崎市では、誰もが個人としての自立と尊厳を保ちながら、住み慣れた地域や自らが望む場で、安心してすこやかに生き生きと暮らせるまちづくりを進めています。

 このまちづくりを推進するうえで、活用できるあなたの職務経験を、具体的な事例を挙げたうえで、事実に即して述べるとともに、その職務経験を活かし、あなたがどのように川崎市に貢献できるのかを、併せて述べてください。

川崎市経験小論文試験過去の課題(https://www.city.kawasaki.jp/shisei/category/61-1-19-2-3-2-0-0-0-0.html

【令和元年度】

 川崎市では、東京オリンピック・パラリンピック競技大会という好機を活用して、「人々の意識や社会環境のバリアを取り除き誰もが社会参加できる環境を創出すること」を理念とする『かわさきパラムーブメント』を推進し、さまざまな政策分野において関連する取組を展開しています。

 この流れを推進するうえで、あなたが有用だと思うあなた自身の職務経験(※)を事実に即して述べるとともに、職務で培った経験を活かし、あなたが川崎市においてどのような役割を果たすことができるのかについて併せて述べてください。

川崎市経験小論文試験過去の課題(https://www.city.kawasaki.jp/shisei/category/61-1-19-2-3-2-0-0-0-0.html

【平成30年度】

 民間企業等での平成23年8月以降の職務経験のなかで、あなた自身がどのような課題に挑戦し、あなたが組織の中でどのような役割を果たしてきたかについて、事実に即して述べるとともに、「全ては市民のために」という考えのもと、あなたが、その経験を川崎市においてどのように活かすことができるかについて併せて述べてください。

川崎市経験小論文試験過去の課題(https://www.city.kawasaki.jp/shisei/category/61-1-19-2-3-2-0-0-0-0.html

例年、行政の一般的なテーマについて、あなたの経験をどう生かせるのかを述べるよう求められています。

テーマに対する解釈と、あなたの経験、そしてそれをどう生かすのか、1,200字以内にコンパクトにまとめる必要があります。

一見、難しそうですが、「型」を知ればスムーズに書けるようになります。

職務経験論文には老舗の教材がありますので、これを使って対策するのが間違いないでしょう。

職務経験論文の模範解答と解き方|特別区採用試験対策|note
社会人経験者採用試験の受験者が最も苦手とするのが「職務経験論文」です。 そもそも社会人は手書きで長文を書く機会がほとんど無いにもかかわらず、時間制限と字数制限の中で、テーマに沿って自己アピールを交えて論じなくてはなりません。 はっきりと申し上げて、かなり高度なことが求められています。 しかしながら、どの論述試験に...

個別面談(行政事務のみ)

行政事務のみ、個別面談も行われます。

机を挟んだ対話形式(2対1)の個別面談を行い、人物的な側面、仕事に対する意欲・適性、コミュニケーション能力などを評価します。

時間は20分なので、かなり手短な面談です。

いわゆる「ヤバイやつを落とす」目的だと考えられますので、あまり不安にならず自信をもって臨めば問題ないでしょう。

第2次試験

個別面接(3 対 1)を行い、人物的な側面、仕事に対する意欲・適性、コミュニケーション能力などを評価します。

これに加え、1次試験の時に行った論文の点数を合算して2次試験の合否が決まります。

先輩合格者
先輩合格者

これに合格すれば晴れて合格内定です!

面接は公務員試験でありがちな質問を一通り押さえておけば、大きく崩れることはありません。

さらに、コツさえつかめば論文は安定するので、論文で点数を稼ぐという戦略もとることができます。

面接の秘訣

さて、重要な面接ですが攻略の秘訣があります。

それは、あなたが「川崎市が求める職員像」と合致していることをアピールすることです。

求める職員像と合致している人材を採用しないわけがありませんよね?

「求める職員像」は知っているだけで切り札になるほど重要な情報なのに、社会人採用試験の場合、ほとんどの受験者は把握していません。

したがって、これを知っているだけで多くの受験者を軽々追い抜くことができます。

さて、川崎市が求める職員像ですが、実は募集要項の下にこっそりと書かれています。

求める人材

☆ 民間企業等で培われた経験や専門知識を川崎市で生かそうという意欲のある人

☆ 広い視野と柔軟な発想力を持ち、川崎市職員として直ちに活躍できる人

先輩合格者
先輩合格者

募集要項をじっくり読まないと気づかないと思います笑

これらは非常に重要なので、必ず覚えておいてください。

暗唱できるレベルまで染みつけば面接は勝ったも同然です。

面接では上記の能力を発揮した経験を述べることで「求められる職員像」ということをアピールできるので大きな評価に繋がります。

すべての回答で上記を意識してください。

求められる職員像から逆算して面接を組み立てるのは公務員試験の定石ですので、ぜひともここで学んだ内容を活かしてライバルを追い抜いてください!

予備校は必要か?

公務員試験の予備校に通うかどうか迷っている方もいるかもしれません。

結論から言うと、予備校に通う必要は一切ありません

なぜならば、社会人が予備校に通う時間はほとんどありませんし、予備校に行かずとも独学で十分合格できるからです。

また、多くの予備校は新卒向けの講座がメインなので、社会人採用向けの講座が片手間で無駄が多い印象があります。

さらに最近では、予備校以外の教材が非常に充実しているので、それを用いて対策するのが主流となっています。

もし既に退職されており、時間もお金も十分にあるのなら予備校に通うのもありでしょう。

まとめ

川崎市は発展著しいまちなので、非常にやりがいがあると思います。

政令指定都市なので社会的信用が高く、生涯にわたって安定した生活ができます。

倍率がやや高いように見えますが、多くの受験者は付け焼き刃の対策で挑んできます。

この記事で少しでも論文や面接のコツを掴めたのならば、それだけで大きなリードです。

自身を持っておすすめできるので、ぜひトライしてみてください!

それでは、あなたの合格と幸せな未来を願っています!

職務経験論文の模範解答と解き方|特別区採用試験対策|note
社会人経験者採用試験の受験者が最も苦手とするのが「職務経験論文」です。 そもそも社会人は手書きで長文を書く機会がほとんど無いにもかかわらず、時間制限と字数制限の中で、テーマに沿って自己アピールを交えて論じなくてはなりません。 はっきりと申し上げて、かなり高度なことが求められています。 しかしながら、どの論述試験に...