横浜市社会人採用(中途採用)の攻略方法! 知っているかどうかで大差がつく情報とは?

公務員へ転職
公務員へ転職横浜市
 
\フォローする/

横浜市は社会人採用を積極的に行っている数少ない自治体です。

とても優良な自治体なので社会人枠を受験する人が多いのですが、ほとんどが付け焼き刃で挑んで残念な結果に終わっています。

そこでこの記事は、付け焼き刃ではなく盤石な対策で臨めるように「横浜市社会人採用試験 事務職(一般的な公務員)」の内容と対策について徹底解説します!

これを読めば他の受験者と大差をつけることができると思います。

受験資格は非常にシンプル

中途採用は何かと条件が厳しいことが多いですが、横浜市社会人採用の場合は満たすべき受験資格はたった2点です。※「禁錮中ではない」など当たり前の要件は除く

横浜市社会人採用受験資格
  • 試験の実施される年の4月1日現在で満30歳以上59歳未満の者
  • 民間企業等における職務経験を直近7年中5年以上
    もしくは青年海外協力隊等としての活動経験を直近7年中2年以上

「民間企業等における職務経験」は、週 30 時間以上の勤務を2年以上継続し、これらの経験が通算で5年以上であることを要します。

つまり、5年間連続した経歴がなくても、合算して5年以上ならOKです。

また「職務経験」は会社員のほかに、自営業者、アルバイト、パートタイマー、公務員等としての経験も該当します。また、財団法人、社団法人、NPO法人等の経験も含まれます。

先輩合格者
先輩合格者

バイトやパート経験でもOKという非常に珍しい試験です!

これは、横浜市社会人採用が職務経験よりも人物重視しているからです。

後ほど解説しますが、面接重視の試験なので、経歴よりも人柄を見ています。

輝かしいキャリアが無くても不利にならない点が、他の社会人採用とは大きく異なるポイントです。

初任給

初任給は学歴、職務経験年数に応じて変動します。

目安として以下の通り示されています。

経歴初任給
大卒、職務経験10年262,160 円程度
大卒、職務経験18年303,340 円程度

このほか、通勤状況、住まいの状況などに応じて、通勤手当、住居手当などが支給されます。

試験スケジュール

例年、6月に選考案内が始まり、12月に最終合格発表が出されます。

先輩合格者
先輩合格者

約半年の勝負となります!

令和3年度のスケジュールを基に採用内定までの流れを見ていきましょう。

採用内定までの流れ
  • 6/24
    受験案内公開

  • 6/24~7/21
    受験申込期間
    • 原則インターネット申込。
    • 「エントリーシート」を提出する。
    • 最終日は午前10時まで受信有効なので注意!

  • 9/26
    1次試験
    試験(事務時間内容
    教養(択一式)120分40題必須回答
    課題式論文90分750字以内

    ※ただし、1次試験の合否は教養のみで行われる。論文は2次試験の合否に使われる。

  • 10/11
    1次試験合格発表
  • 10/30~11/3
    2次試験

    個別面接

  • 11/12
    2次試験合格発表

    面接の成績と1次試験で書いた論文の成績で合否が決まる

  • 11/27,28
    3次試験

    個別面接

  • 12/10
    最終合格発表(採用内定)

    1次試験、2次試験、3次試験すべての総合点で合否が決まる

先輩合格者
先輩合格者

長丁場ですが、意外とあっと言う間です!

 

横浜市社会人採用の倍率

横浜市は人気の自治体なので、倍率はやや高めです。

しかし実際は、対策なしでぶっつけ本番の人や記念受験が多いため、実質倍率はかなり低いようです。

年度倍率
令和2年度20.5
令和元年度24.4
横浜市社会人採用試験 実施状況・結果より(https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/saiyo-jinji/saiyo/saiyo-info/zyokyo/syaka-zissikekka.html)

また、それぞれの試験段階によって合格率が異なります。

令和2年度令和元年度
1次試験合格率22.2%28.5%
2次試験合格率47.6%36.2%
3次試験合格率46.3%39.8%
横浜市社会人採用試験 実施状況・結果より(https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/saiyo-jinji/saiyo/saiyo-info/zyokyo/syaka-zissikekka.html)

このように、1次試験が大きな山場であることが分かります。

とはいえ、どの段階でも半分以上が脱落しているので、各段階の試験を研究するだけで他の受験者に大差をつけることができます。

第1次試験の傾向と対策

第1次試験の内容は次の通りです。

試験内容時間
教養択一式40問120分
論文与えられた課題に対する論文60分

注意したいのが、1次試験の合否は教養試験の成績のみで決まる点です。

先輩合格者
先輩合格者

論文は1次試験の合否には関係ありません!

1次試験で論文は書かせますが、論文の成績は2次試験の合否に使われます。

筆記試験はまとめて1次試験の会場で終わらせてしまいたい、横浜市側の都合です。

とはいえ受験者からすると、そんなのは関係なく教養試験も論文試験もどちらも重要なので手を抜くことはできません。

次の表をご覧ください。

教養論文2次面接3次面接総合点
1次試験410410
2次試験100200300
3次試験151530600660

これは、それぞれの試験段階で考慮される点数です。

3次試験(最終試験)では教養と論文が共に15点ずつ割り振られています。

微々たる点数かと思うかもしれませんが、倍率が高い横浜市社会人採用では面接が同点になることが多いので、教養と論文の成績が合否を分ける要因になりえます。

教養試験

一般的な公務員試験とほとんど変わらないスタンダードな内容です。

地方上級(大卒程度)試験と内容はほぼ同じですが、難易度は低めなのが特徴です。

したがって、 地方上級(大卒程度) の過去問集を使って対策するのがいいでしょう。

公務員試験は、過去問や他の試験区分から問題を借りてくることが非常に多いので、過去問対策が最強の対策になります。

おすすめはやはり定番の「過去問500」です。このレベルに慣れると社会人採用の教養試験は楽勝になりますので、高地トレーニングのような感覚で実力をつけることができます。

まずは過去問を解いて感覚をつかみ、その上で参考書で補強する流れが良いでしょう。

論文

与えられたテーマについて、あなたの経験をどのように生かすことができるのか750字以内で論じます。

過去の出題文は以下の通りです。

【令和2年度】

横浜市では、生産年齢人口の減少が続き、財政需要の増大と税収減少が中長期的に見込まれています。この課題に対し、行政としてどのような取組が必要か、また、これまでのあなたの経験をどのように生かすことができるか、述べなさい。

横浜市試験問題例・過去の出題(社会人採用試験)より(https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/saiyo-jinji/saiyo/saiyo-info/kako/r01-rei-kako-syaka.html

【令和元年度】

市民ニーズや地域の抱える課題は複雑化・多様化しており、行政だけの力では様々な課題への対応が難しくなっています。そのような中で、市民満足度の向上を図るためには、行政としてどのような取組が必要か、また、これまでのあなたの経験をどのように生かすことができるか、述べなさい。

横浜市試験問題例・過去の出題(社会人採用試験)より(https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/saiyo-jinji/saiyo/saiyo-info/kako/r01-rei-kako-syaka.html

【平成30年度】

横浜市では、全ての職員がいきいきと働き続けることのできる環境を整備するため、働き方改革を進めています。このような職場環境を実現するために必要なことは何か、これまでの経験を踏まえ、あなたの考えを述べなさい。

横浜市試験問題例・過去の出題(社会人採用試験)より(https://www.city.yokohama.lg.jp/city-info/saiyo-jinji/saiyo/saiyo-info/kako/r01-rei-kako-syaka.html

例年、一般的な行政課題に対して、これまでの経験をどう生かせるのか、あなたの考えを述べるよう求められています。

課題に対する理解と、あなたの経験、そしてそれをどう生かすのか、750字以内にコンパクトにまとめる必要があります。

一見、難しそうですが、「型」を知ればスムーズに書けるようになります。

職務経験論文には老舗の教材がありますので、これを使って対策するのが間違いないでしょう。

職務経験論文の模範解答と解き方|特別区採用試験対策|note
社会人経験者採用試験の受験者が最も苦手とするのが「職務経験論文」です。 そもそも社会人は手書きで長文を書く機会がほとんど無いにもかかわらず、時間制限と字数制限の中で、テーマに沿って自己アピールを交えて論じなくてはなりません。 はっきりと申し上げて、かなり高度なことが求められています。 しかしながら、どの論述試験に...

第2次試験

個別面接を行います。

1次試験の時に行った論文の点数と合算して2次試験の合否が決まりますので、面接に苦手意識がある方は論文で稼ぐという戦略がおすすめです。

ちなみに論文100点、面接200点の計300点です。

2次試験の面接は、主にこれまでの経験を問われます。

注意したいのが、受験申込時に提出した「エントリーシート」と矛盾が無いようにすることです。

先輩合格者
先輩合格者

矛盾があると大きなマイナスです!

公務員は誠実さが重要ですので、経歴に矛盾があってはなりません。

面接の秘訣

さて、そんな重要な面接ですが攻略の秘訣があります。

それは、横浜市が求める人材像に合致する人材だとアピールすることです。

求める職員像と合致している人材を採用しないわけがありませんよね?

「求める職員像」は知っているだけで切り札になるほど重要な情報なのに、社会人採用試験の場合、ほとんどの受験者は把握していません。

したがって、これを知っているだけで多くの受験者を軽々追い抜くことができます。

さて、横浜市が求める職員像はヨコハマを愛し、市民に信頼され、自ら考え行動する職員」です。

具体的には、「市⺠に貢献する仕事に誇りと⾃信を持ち、誠実・公正に⾏動し、課題解決に向けて主体的に取り組む」

とされており、より詳しくは次の通り定義されています(横浜市人材育成ビジョン・研修計画より)。

横浜市に求められる職員像

ヨコハマを愛し
 ■横浜と横浜市⺠に対して強い関⼼を持ち、市⺠に貢献する仕事に誇りと⾃信を持つ
 ■市⺠の⽬線で考え、相⼿の⽴場や気持ちに寄り添い、主体的に⾏動する
 ■“開かれた都市・横浜”の魅⼒を理解・発信し、国際貢献できる⼈材を⽬指す

市民に信頼され
 ■公務員としての⾃覚を持ち、「職員⾏動基準」に沿って誠実・公正に⾏動する
 ■知識・能⼒を備え、やるべきことを着実に⾏い、⾃らの役割・責任を果たす
 ■⼈権とコンプライアンスの意識、協働の姿勢を持ち、市⺠と信頼関係を築く

自ら考え行動する
 ■課題解決に向けて主体的に取り組み、「チーム横浜」で⽇々の業務にチャレンジする
 ■⾃らのキャリアを考え、積極的に能⼒開発に取り組む
 ■全体の奉仕者として⾃らに求められていることを考え、⾏動する

これらは非常に重要なので、必ず覚えておいてください。知っているかどうかで非常に大きな差が生まれます!

なぜならば、「求められる職員像」=「採用したい人材像」なので、面接では上記の能力を発揮した経験を述べることで大きな評価に繋がるからです。

これに加えて、公務員試験でありがちな質問を一通り押さえておけば完璧です!

第3次試験

個別面接の一発勝負です。

先輩合格者
先輩合格者

ここを突破すればついに採用内定です!

合否は1次試験~3次試験のすべての成績で決まります。

総合点教養論文2次面接3次面接
660151530600

正直、ここまで残った受験者は全員レベルが高いので、ほんのわずかな差で合否が決まります。

したがって、論文の成績や2次面接の僅かな点数が合否を左右することもあります。

2次面接と同じく、横浜市に求められる職員像「ヨコハマを愛し、市民に信頼され、自ら考え行動する職員」を意識することがコツです。

求められる職員像は、意外としらない受験者も多いので、知って意識するだけでかなりリードできます。

ここでおさらいしておきましょう。

横浜市に求められる職員像

ヨコハマを愛し
 ■横浜と横浜市⺠に対して強い関⼼を持ち、市⺠に貢献する仕事に誇りと⾃信を持つ
 ■市⺠の⽬線で考え、相⼿の⽴場や気持ちに寄り添い、主体的に⾏動する
 ■“開かれた都市・横浜”の魅⼒を理解・発信し、国際貢献できる⼈材を⽬指す

市民に信頼され
 ■公務員としての⾃覚を持ち、「職員⾏動基準」に沿って誠実・公正に⾏動する
 ■知識・能⼒を備え、やるべきことを着実に⾏い、⾃らの役割・責任を果たす
 ■⼈権とコンプライアンスの意識、協働の姿勢を持ち、市⺠と信頼関係を築く

自ら考え行動する
 ■課題解決に向けて主体的に取り組み、「チーム横浜」で⽇々の業務にチャレンジする
 ■⾃らのキャリアを考え、積極的に能⼒開発に取り組む
 ■全体の奉仕者として⾃らに求められていることを考え、⾏動する

面接ではすべての回答で上記を意識してください。

求められる職員像から逆算して面接を組み立てるのは公務員試験の定石です。

しかし、社会人採用の場合はそうした定石を知らない受験者がほとんどです。

ぜひともここで学んだ内容を活かしてライバルを追い抜いてください!

予備校は必要か?

公務員試験の予備校に通うかどうか迷っている方もいるかもしれません。

結論から言うと、予備校に通う必要は一切ありません

なぜならば、社会人が予備校に通う時間はほとんどありませんし、予備校に行かずとも独学で十分合格できるからです。

また、多くの予備校は新卒向けの講座がメインなので、社会人採用向けの講座が片手間で無駄が多い印象があります。

さらに最近では、予備校以外の教材が非常に充実しているので、それを用いて対策するのが主流となっています。

もし既に退職されており、時間もお金も十分にあるのなら予備校に通うのもありでしょう。

まとめ

数ある公務員職のなかでも、横浜市は非常に優良です。社会的信用が高く、生涯にわたって安定した生活ができます。

倍率がやや高いように見えますが、多くの受験者は付け焼き刃の対策で挑んできます。

この記事で少しでも論文や面接のコツを掴めたのならば、それだけで大きなリードです。

自身を持っておすすめできるので、ぜひトライしてみてください!

それでは、あなたの合格と幸せな未来を願っています!

職務経験論文の模範解答と解き方|特別区採用試験対策|note
社会人経験者採用試験の受験者が最も苦手とするのが「職務経験論文」です。 そもそも社会人は手書きで長文を書く機会がほとんど無いにもかかわらず、時間制限と字数制限の中で、テーマに沿って自己アピールを交えて論じなくてはなりません。 はっきりと申し上げて、かなり高度なことが求められています。 しかしながら、どの論述試験に...