特別区は他の自治体とどこが違う?受験生必須の基礎知識

tips
tips
 
\フォローする/

東京都には市町村の他に「特別区」というものが存在します。

これは、全国の都道府県の中で東京都にだけにある行政単位です。「特別区」と聞いてもピンと来ないかもしれません。「東京23区」といった方がなじみ深いと思います。「東京23区」の正式名称が「東京都特別区」なのです。

特別区は基礎自治体なので、市町村とほぼ同じものだと思って頂いて間違いありません。
東京都でもっとも栄えている基礎自治体なので、神奈川県に対する横浜市、愛知県に対する名古屋市のようなものだと思って下さい。

 

ただし注意して欲しいのが、実際の行政は23区バラバラに行われているということです。

千代田区と港区はどちらも東京都特別区ですが、別の自治体です。しかし、どちらの職員になるにしても「特別区職員採用試験」に合格する必要があります。それに合格した後に、千代田区、港区など各区個別の試験に挑戦できます。

つまり、特別区職員採用試験に合格したとしても、就職できるのは23区のうち1区だけだということです

採用試験については以下の記事で詳しく解説しますので、ご覧ください。

特別区Ⅰ類採用試験ガイド

特別区経験者採用試験ガイド

それでは、特別区の全容について見ていきましょう!

特別区の概要

場所

まずは特別区の地理について見ていきましょう。

これが、東京都全体を表したイラストです。左側のピンク色の部分が東京都の市町村部、右側の黄色い部分が特別区です。下の青部分が小笠原諸島などの島しょ部です。

このように、東京都は大きく三つに分けることができます。都庁勤務の場合は特別区だけではなく、市町村部、島しょ部も管轄範囲・転勤範囲になります。

見ていただければ分かる通り、東京都の半分以上は市町村です。

東京といえば中心部である23区ばかり目立ちますが、実際の面積では意外と23区は小さいのです。では、イラストの右側、特別区だけをさらに拡大してみてみましょう。

これが特別区の全体図です。小さい頃から東京に住んでいるという方でも、意外とじっくりとみる機会はなかったかもしれません。

ざっと見てみると、いわゆる下町といわれている地域が北部に多く、大企業や政府主要機関が南部に多いといった特徴があります。

 

データでみる特別区

23区の人口は合計で940万人以上です(東京都の統計より)。

これは、スイスやフィンランドといった国の人口を上回ります。一国の人口よりも多くの人々がこの小さな地域に集まっています。それだけ人々を惹きつける魅力的な都市であり、エネルギーに満ちているといえます。

また、歳入は23区合計で3兆円を超えます(東京都HPより)。これも大抵の途上国の国家予算をはるかに上回る額です。

このように、特別区は他の自治体と比べても規格外の大都市だということが分かります。日本の中でもダントツにパワーがある地域なので、この上なくやりがいのある自治体です。

 

では続いて、各区の区政状況を見てみましょう。

一口に特別区といっても、各区で区政状況はかなり異なります。

例えば千代田区は面積も人口も少ないですが、自主財源比率は非常に高いです。特別区のような基礎自治体の主要財源は住民税と所得税です。したがって、人口が少ないにも関わらず歳入が多いということは、千代田区には高額所得者が数多く住んでいることが分かります。

このように豊かな区がある一方、そうでない区も存在します。23区間の格差は非常に大きいのです。

ただ、後述するとおり、特別区には都区財政調整制度というものが存在します。これは、23区間で財政調整を行い格差を穏やかにするための制度です。

財政的な格差があるとはいえ、特別区は各区が切磋琢磨してよりよい自治体になる文化があります。

どの区も他には無い魅力があるので、財政や人口の大小に関わらず、あなたが気に入った区を希望するのがベストです。当サイトでは希望区選びに役立つ情報を取り揃えていますので、ぜひご参照ください。

特別区推計人口面積人口密度歳入
合計
(億円)
自主財源率
千代田区65,472人11.66km²5,615人/km²53539.30%
中央区166,536人10.21km²16,311人/km²107131.20%
港区259,494人20.37km²12,739人/km²188243.00%
新宿区349,511人18.22km²19,183人/km²147431.90%
文京区235,026人11.29km²20,817人/km²94336.10%
台東区208,562人10.11km²20,629人/km²100221.80%
墨田区269,627人13.77km²19,581人/km²117420.60%
江東区518,371人40.16km²12,908人/km²201824.90%
品川区411,070人22.84km²17,998人/km²169828.00%
目黒区287,776人14.67km²19,617人/km²97446.90%
大田区739,962人60.83km²12,164人/km²255730.10%
世田谷区938,205人58.05km²16,162人/km²309640.50%
渋谷区234,728人15.11km²15,535人/km²105049.40%
中野区341,985人15.59km²21,936人/km²127027.70%
杉並区585,186人34.06km²17,181人/km²199633.80%
豊島区300,756人13.01km²23,117人/km²122326.90%
北区354,256人20.61km²17,189人/km²145420.70%
荒川区218,434人10.16km²21,499人/km²94118.70%
板橋区583,467人32.22km²18,109人/km²219322.30%
練馬区741,649人48.08km²15,425人/km²255126.30%
足立区683,110人53.25km²12,828人/km²279716.70%
葛飾区454,882人34.80km²13,071人/km²212116.40%
江戸川区696,014人49.90km²13,948人/km²270119.80%

他の自治体と特別区の違い

難しい言い方をすると、特別区は「特別地方公共団体」です。一般的な市町村は「普通地方公共団体」ですが、様々な面で「ふつう」ではないので、「特別」地方公共団体に指定されています。

では、どんなところが「ふつう」じゃないのか?例えばこんなものがあります。

  • 上下水道の管理は都が行っている。(通常は基礎自治体が行う)
  • 消防の管理は都が行っている。(通常は基礎自治体が行う)
  • 都区財政調整制度により、23区間で財源の調整が行われる。

上下水道の管理や消防は、23区各自が行うよりも都が一括して行うほうが効率がいいということで都が管轄しています。

また、23区には財政格差を是正するために、都区財政調整制という制度があります。

23区は財政格差がかなり大きいことが問題になっており、北部に貧しい区が多く、南部に裕福な区が多い状況です。23区版南北問題ともいえる問題です。こうした格差を緩やかにするために、都は税金の一部をすべての区から集め、それを各区に再分配しています。これが都区財政調整制度です。普通の県や市町村ではこのようなことは許されません。

このように、普通の地方公共団体にはない制度が特別区にはあります。

面接で「普通地方公共団体との違いはなにか?」を聞かれた事例もありますので、概要程度は把握しておいた方が安心です。

魅力的な大都市、特別区

特別区にはそれぞれの区が、時に協力し、時に競争して共に繁栄していくという文化があります。

どの区にも独特の魅力があり、伝統を守りつつも新しいことにも積極的に挑戦するという意気込みがあります。一流企業から転職してきた方でさえ口を揃えてやりがいを感じると話すほどです。

転勤リスクもなく、福利厚生も充実しています。ぜひ挑戦してみてください!

ただし、特別区に合格するためには論文・面接を避けては通れません。

なぜならば、特別区は論文・面接の配点が異常に高いことで知られているからです。

大手予備校、過去の受験生の成績から算出。

この通り、教養・専門の点数がどれだけあっても簡単に逆転が起こります。

したがって、特別区に特化した論文・面接対策を取ることが非常に重要です。万全の対策をして、確実に合格を掴みましょう!