特別区の真の倍率はこれだ!知っておくべき秘密とは?

特別区採用試験ガイド
特別区採用試験ガイド
 
\フォローする/

「特別区を受けてみたいけど、倍率はどのくらいなんだろう?」

試験を受けるとき、真っ先に気になるのが倍率はですよね?

今まで高校受験、大学受験してきた方にとって倍率は、難易度を計るなじみある指標だと思います。

特別区採用試験も当然、倍率が存在し公表されています。

 

では特別区の倍率はどのくらいなんでしょうか?

この記事では特別区Ⅰ類と経験者採用の試験実績をもとに、倍率を考察していきます。

倍率をただ知るのではなく、それを読み解くことで意外な事実がいくつも浮かび上がってきました!

 

Ⅰ類 事務職の倍率考察

まずはもっとも多くの方が受験する特別区採用試験Ⅰ類の倍率についてみていきます。

過去の試験実施状況についてまとめたものがこちらです!

特別区職員採用試験(選考)実施状況より作成(http://www.tokyo23city.or.jp/saiyo/ji_index.htm

 

特別区採用試験Ⅰ類は2次試験までなので、2次試験に合格すれば一応採用ということになります!

厳密に言うと、この後に各区の面接試験が待ち構えていますが、特別区採用試験にさえ合格すれば余程のことがない限りどこかの区に採用されます。

区面接についてはこちらの記事で解説しています。

 

・・・正直パッと見ただけでは、合格倍率が5~6倍なんだなあ、ということしか分からないと思います。

ただ、このデータを読み解くことで様々な気付きを得ることができます。

たとえば、公表されている合格倍率では正確な合格難易度を計ることはできません!
これを少し加工することで真の倍率が見えてきます。

真実の倍率

公表されている倍率では正確な合格難易度を計ることはできないとは、どうゆうことでしょうか?

実はこの合格倍率、「1次試験受験者÷最終合格者」で算出されています。

つまり、「1次試験に受かったものの2次試験を辞退した人」まで計算に含まれているのです。

2次試験の辞退者は例年1000人以上います。かなりの人数ですが、それが次試験を受験したとみなして合格倍率が計算されています。

これにより合格倍率が実態よりも若干上がってしまっています。

では、どうすれば実態に即した倍率を算出できるのか?

それは、1次試験と2次試験に分けて倍率を算出することで可能です。

実際の受験者数を使って計算することで、辞退者を含まない正確な倍率を出せます。

すると、次の通りになります。

これが実態の倍率です。

2次試験の合否は1次試験の成績を加味して行われます。したがって、2次試験の合格は面接だけではなく筆記試験も考慮されています。

このように、辞退者を考慮すれば公表されている倍率よりもやや穏やかになりました。

この倍率は、辞退者を廃除した全員本気の受験者での倍率ということになります。

 

辞退者は減少傾向にある

特別区は辞退者がやや多いことで知られています。

しかし、辞退者数は年々減少傾向にあります。

令和2年度はコロナの影響で特殊なスケジュールだったので割愛します。

つまり、本気で特別区を受験する受験生が増えているということです。

辞退者数の減少は特別区にとってはありがたいことですが、受験生にとっては競争が激しくなることを意味します。

特に、新型コロナウイルスの影響で公務員人気が高まることが予想されますので辞退者数のさらなる減少が見込まれます。

倍率の考察

さて、辞退者を除けば1次試験は約3倍、2次試験は約1.6倍の倍率だということが分かりました。

民間企業の倍率が数十、数百倍であることを考えると、かなり低い倍率のように思えます。

ところが、この倍率を正確に捉えると1次試験では3人中2人不合格、2次試験では3人中1人不合格ということになります。

・・・いかがでしょうか?

辞退者数を省いていますので、本気の受験生だけで争った場合のイメージです。

おそらくこれを見て、「油断できない」と感じたと思います。

もしそう感じていただけたのなら幸いです。

なぜならば、目標に対する明確な理解とイメージを持つことで、勉強に対するモチベーションを高めることができるからです。

特別区の勉強は長期戦です。

やる気が出なかったり、つい他のことに気を取られてしまうことは当然あります。

そんなときに、この倍率イメージを思い出してください。きっと、やらなければという思いを再び奮い立たせてくれると思います。

9人いたら上位2人しか受かりません。周りで頑張って勉強している方がいたら、あなも頑張って、上位2人に堂々と入りましょう!

ただし、特別区に合格するためには論文・面接を避けては通れません。

なぜならば、特別区は論文・面接の配点が異常に高いことで知られているからです。

大手予備校、過去の受験生の成績から算出。

この通り、教養・専門の点数がどれだけあっても簡単に逆転が起こります。

したがって、特別区に特化した論文・面接対策を取ることが非常に重要です。万全の対策をして、確実に合格を掴みましょう!

 

経験者採用 事務職の倍率考察

経験者採用は1級職(社会人経験4年以上)と2級職(社会人経験8年以上)があります。

まずは1級職から過去の倍率をみていきましょう!

特別区職員採用試験(選考)実施状況(http://www.tokyo23city.or.jp/saiyo/ji_index.htm)より作成。

続いては2級職の倍率です!

特別区職員採用試験(選考)実施状況(http://www.tokyo23city.or.jp/saiyo/ji_index.htm)より作成。

令和元年度に倍率が急激に上がっていますが、これは年齢制限を事実上撤廃したからです。現在では59歳までなら受験可能です。

今まで年齢制限を理由に受験できなかった人たちが一気に押し寄せた結果、倍率が高騰しました。

これ以上の年齢制限撤廃は現実的に難しいと思われるので、しばらくは大きな倍率の変化はないと見込まれます。

1級職、2級職ともにⅠ類採用と比べてやや高倍率な印象です。

しかし、他自治体の経験者採用と比べるとかなり倍率が低いのが特徴です。

例えば横浜市の令和元年度社会人採用試験事務職の倍率は24.4倍でした。

さいたま市の令和元年度民間企業等経験者行政事務の倍数は20.5倍です。

なぜここまで倍率に差があるかというと、特別区は社会人採用人数が多いからです。

公務員試験全体で社会人採用が活発になっていますが、特別区はとりわけその意欲が高い傾向があります。

入区して働きはじめると気づくかと思いますが、特別区は社会人経験者の数がかなり多いです。Ⅰ類採用でも前職持ちの方が多いです。

新卒じゃないからといって変な目で見られることが無く、民間企業のような考え方の人が多いので、特別区は社会人経験者が働きやすい環境です!

 

各試験の倍率

公表されている倍率は「1次試験受験者÷最終合格者」で算出されています。

つまり、「1次試験に受かったものの2次試験を辞退した人」まで計算に含まれているのです。

とはいえⅠ類採用と違い、経験者採用は特別区単願が多いため辞退者が極めて少ないことが特徴です。10人いるかどうかです。

したがって、公表されている合格倍率と実態の倍率に乖離はほぼありません。

ですが、各試験の倍率を分けてみることである事情が見えてきます。

これが辞退者を省いた、実態の倍率になります。

2次試験の合否は1次試験の成績を加味して行われます。したがって、2次試験の合格は面接だけではなく筆記試験も考慮されています。

2次試験の倍率は一定ですが、1次試験の倍率はかなり波があることが分かります。

令和元年度から年齢制限が実質撤廃されたことで合格倍率は上がりましたが、その影響は主に1次試験に集中しているようです。

さらに、2次試験の合否は1次試験の成績を加味するので1次試験の成績が今まで以上に重要な意味を持ってきます。

経験者採用は教養試験は足切りのみに使われるので、1次試験の論文がとにかく合否のカギを握っているといえます。

また、経験者採用では申込段階で職務経歴書というエントリーシートのようなものを書きます。これはほとんど試験のようなものなので、実際の難易度は倍率以上です。

特別区経験者採用の対策は世の中にほとんど出回っていませんので、まずは経験者採用御用達のコアテキストを使って対策する方法が間違いありません。職務経歴書から面接までカバーできている貴重なテキストです。

【特別区採用試験】経験者採用合格コアテキスト|特別区採用試験対策|note
特別区経験者採用志願者にとって、もはや必携の当コアテキスト。経験者採用を受験する方へ、合格するための方法を詳細にわたり解説します。 ☆大変多くの方からのご購入、高評価(いいね!)頂き感謝申し上げます!【コロナ禍の受験生応援!7980円→4980円 】 ◆このテキストの特徴は以下の通りです。 ・元講師や特...

特別区は他の自治体の経験者採用よりも比較的倍率が低めです。

しかしコロナウイルスの影響で今後人気が高まる可能性が高いので、今のうちにトライすることをおすすめします。

それでは、あなたの合格と幸せな未来を願っています!