特別区Ⅰ類(大卒程度)採用試験(ICT職)の内容と対策 経験なしでもOKです!

特別区採用試験ガイド
特別区採用試験ガイド
 
\フォローする/

令和6年度から特別区Ⅰ類(大卒程度)でICT職の募集が始まりました!

そこでこの記事では、一般的な公務員である事務職採用とは違うポイントや対策のコツを徹底的にお伝えします。

先に結論から言うと、ICTに抵抗が無い人はICT職で受験するほうが圧倒的に勉強時間が少なくて済むのでオススメです!

先輩合格者
先輩合格者

例えば、ITパスポートを持っている人ならICT職に向いていると思います

さて、そもそも「特別区」ってなんだ?という人もいるかもしれませんので、基本からお話しますね。

「特別区」は、東京23区の正式名称です。

さいたま市や横浜市といったような一般的な市町村と同じ、「基礎的な自治体」で、区民にもっとも身近な行政を担っています。

東京23区には千代田区、港区、渋谷区、世田谷区といった様々な区がありますが、それぞれが独立した自治体です。

しかし職員の採用試験は23区合同で行っています。

たとえば、

「千代田区の職員になりたい!」
「渋谷区の公務員になりたい!」
「世田谷区で公務員としてはたらきたい!」

といったように、23区のどこかの公務員になりたい場合、まずは23区の合同試験である「特別区採用試験」に合格する必要があります。

そして「特別区採用試験」に合格した後に千代田区や世田谷区など、それぞれの区の面接試験を受けて合格すればその区に採用内定という流れになります。

先輩合格者
先輩合格者

といっても、まだよく分からないと思います!笑

そこで今回は、(ちょっとわかりづらい)特別区採用試験について誰でも分かるように徹底解説します!

それだけではなく、特別区を受けるにあたって「絶対に知っておくべき知識」や「試験の正しい対策法」までお伝えします!

  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文教区
  • 台東区
  • 墨田区
  • 江東区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区
  • 板橋区
  • 練馬区
  • 足立区
  • 葛飾区
  • 江戸川区
  • 特別区人事・厚生事務組合
  • 特別区競馬組合
  • 東京二十三区清掃一部事務組合
特別区採用試験(Ⅰ類)は…
  • 22~31歳が対象
  • 合格後3年間以内なら特別区に就職できる
  • 教養試験、専門試験、論文試験、個別面接が試験科目
  • 特別区Ⅰ類採用試験に合格した後に、各区の試験がある。
  • 希望の区に採用されるには、上位合格が必要!
  • 最終合格は総合判断(リセット方式ではない)
  • 一次試験は論文の配点がとてつもなく高い
  • 試験日が早いので、他の試験と併願しやすい
  • ただし、東京都庁Ⅰ類Bと併願できない

☆論文対策が非常に重要!

 

特別区Ⅰ類採用試験(ICT職)の受験資格

採用年の4月1日時点で22~31歳の人、もしく21歳以下の大卒見込みの人が対象です。

たとえば、2024年(令和6年)に受験する場合、就職する2025(令和7年)年4月1日時点で31歳ならば受験できます。逆に、受験時に31歳でも翌年の4月1日までに32歳になる方は、受験できません。受験時の年齢ではないのでご注意ください。

大卒である必要すらありません。大学中退、フリーター、ニートでも問題ありません。年齢要件さえ満たされていれば、住所、年齢、学歴等について評価に影響ありません。

たとえば世田谷在住でも札幌在住でもまったく評価は変りません。大学新卒の22歳でも既卒31歳でもなんら評価に影響はありません。言ってしまえばハーバード大学卒でもニートでも変わりません。

先輩合格者【左 ♀】
先輩合格者

ほんとかなあ?と思うかもしれませんが、同僚をみてみると、たしかに出身も年齢も経歴もばらばらです!

特別区Ⅰ類採用試験(ICT職)の仕事内容

一般的な公務員である事務職は、窓口に配属されたり管理部門に配属されたり、はたまた学校事務やケースワーカーに配属されるなど、区役所のどこにでも配属される可能性があります。

一方でICT採用の場合は主にICT部門に配属され、区民の利便性を高めるため行政のデジタル化を推進する仕事を行います。

また、事務職は3~5年スパンで別の部署に異動するのが通例です。

例えば、税務の部署を3年経験して次は人事の部署に異動になった、といったように全く別の仕事をするケースが普通にあります。

しかしICT採用は基本的にはシステム系の部署に配属されます。

異動があったとしても移動先の部署のシステム担当になるケースが多いとされています。

例えば、福祉の部署に配属されたとしても窓口業務はせずに福祉システムの運用や、新しいICTサービスの企画といった仕事を担当することになります。

ですので、良くも悪くもICTに関する仕事に長く携わることになります。

先輩合格者
先輩合格者

専門性が高まるので、民間企業への転職でも有利になります

とはいえ、土木や衛生監視といった専門職採用とは違い、ICT採用された人はあくまで事務職の扱いです。

つまり、場合によってはICTとは全く違う、普通の公務員のような仕事をすることもあるので、そこは覚えておいてください。

特別区Ⅰ類採用試験の独特な採用システムについてわかりやすく解説

まず、採用内定までの流れについて解説します。

ざっと簡略化すると、以下の5ステップが必要です。

採用までの流れ(簡易版)
  1. 特別区採用試験の受験申込
  2. 特別区採用試験を受験
  3. 特別区採用試験に合格
  4. 各区面接の受験
  5. 各区面接の合格

ご覧いただければわかる通り、「特別区採用試験」と「各区の試験」の2段階に分かれています。

特別区職員採用試験に合格しただけでは、まだどこの区の職員になるかは決まっていません。

その後の各区面接に合格してはじめて採用内定になります。

 

では、令和6年度のスケジュールを基に採用内定までの流れを見ていきましょう。

採用内定までのタイムスケジュール
  • 3/8
    試験・選考案内・申込書の配布開始日

  • 3/8~3/25
    受験申込

    原則インターネット申込。面接カードを提供する。区を第1希望~第3志望まで書く。

  • 4/21
    1次試験

    筆記試験(教養試験+専門試験+論文試験)

  • 6/14
    1次試験合格発表

    合格通知に2次試験の試験日、集合時間および試験会場が載っている。

  • 7/8~7/18
    2次試験(対策はこちら

    個別面接(人物及び職務に関連する知識等について)。いわゆる人事院面接。

  • 7/22(技術)
    7/30(その他)
    合格発表
  • 7/22
    7/30(その他)
    区面接

    合格順位、希望区等を考慮し、特定の区から面接の連絡がある。

    ※自分で面接を受けたい区を選ぶことはできない。

  • 採用内定

    受けた区から採用内定連絡がくればおしまい。

    もし受けた区の面接がダメだった場合、別の区から区面接の案内がくる。その繰り返し。

 

このように、一般的な公務員試験にあたる「特別区採用試験」を受験して合格したあとに「区の面接試験」があります。

国家公務員試験の官庁訪問のように、自分からどの区を受けるか選ぶことはできません。

「合格順位」と「受験申込のときに書いた希望区」を考慮し、もっとも適切な区が選ばれ、その区からあなたのもとに面接案内の連絡がきます。そして、その区の面接を受験し合格すれば採用内定になります。

もし区の面接で残念な結果になったとしても、次に適切な区からまた面接案内の連絡がきます。その面接で合格すれば採用内定、だめならその次の区から面接案内がくる…この繰り返しです。

先輩合格者
先輩合格者

特別区採用試験に合格すれば、よほどのことがない限りどこかの区に採用されますので過度な心配は無用です。

 

区面接についてはこちらの記事で徹底的に解説しています。

特別区Ⅰ類採用試験の試験内容

内定までに受けなくてはならない試験は全部で3つあります。

特別区採用試験の1次試験、2次試験。そして、その後に待ち構えている各区の面接試験です。

それぞれ何をやるか?解説していきます。

1次試験

最初の関門が特別区採用試験の1次試験です。

1次試験は、教養、専門、論文をすべて一日でやるハードな試験です。

最も配点が高いとされている論文試験が最後にあるのがポイントで、脳が疲弊した中でも安定して論文を書けるスキルが必要になります。

教養試験

一般教養についての五肢択一問題が35問出題され、全問必須解答です。

出題範囲は次の通り。

  • 文章理解
  • 英語
  • 判断推理
  • 数的処理
  • 資料解釈
  • 空間把握
  • 社会事情(時事)

事務職採用とは違い、社会科学、人文科学、自然科学といった暗記科目が出題されないので、勉強の負担がかなり少なくて済みます。

難易度はスタンダードですが、他の自治体ではあまり出題されない資料解釈と空間把握も出題されるのがポイントです。

やや癖があるので、資料解釈と空間把握は毎日1問だけでも解いてみて感覚を磨きましょう!

さて勉強方法ですが、それぞれの科目について1冊程度、参考書で勉強してから過去問を解きまくるのがオススメです。

もちろん、文章理解や英語など、参考書なんてなくても大丈夫な科目があれば、いきなり過去問でもOKです。

ちなみに参考書は必ず本屋で現物をめくりながら選んでください。

公務員試験は特に参考書によって「合う」「合わない」が大きいので、ネットのレビューや評価ではなく、自分の目で確かめることが重要です。

過去問集のおすすめは定番の「東京都・特別区[1類]教養・専門試験 過去問500」です。

特別区は過去問と似た問題が出されることが非常に多いので、過去問を解きまくることが最大の対策になります!

ちなみに「東京都・特別区[1類]教養・専門試験 過去問500」には東京都の過去問も載っていますが、余裕がある人は東京都の教養試験の過去問も解いてみたください。

なぜならば、教養試験では特別区と東京都の傾向がものすごく似ているからです。

先輩合格者
先輩合格者

東京都の過去問と似た問題が特別区でも出たケースが何度もあります!

教養試験は毎日少しずつの積み重ねが大事なので、コツコツ勉強していきましょう!

専門試験

ICT分野及び一般行政事務に必要な基礎知識についての五肢択一問題が出題されます。

  • 必須解答
    • ICT 15問
    • 経営学 5問
  • 選択解答(25問中10問選択)
    • 憲法 5問
    • 行政法 5問
    • ミクロ経済学 5問
    • マクロ経済学 5問
    • 政治学 5問

事務職採用と違って、難易度が高い「民法」や、覚えることが多い「行政学」といったことを勉強しなくていいのは大きなメリットです。

まずは必須科目のICTから見ていきましょう。

出題範囲は次の通りです。

  1. テクノロジーに関するもの
    (基礎理論、情報テクノロジー、情報セキュリティ、開発技術 等)
  2. ストラテジに関するもの
    (システム戦略、経営戦略、関係法令 等)
  3. マネジメントに関するもの
    (プロジェクトマネジメント、サービスマネジメント 等)
先輩合格者
先輩合格者

基本情報技術者試験やITパスポートとまったく同じ範囲ですね!

明らかに基本情報技術者試験の科目A試験ITパスポートを意識した出題範囲なので、対策もそれらの参考書を使うのがオススメです。

どんな問題がでるかまだ分からない段階なので、念のため基本情報技術者試験の科目A試験レベルの問題を想定して対策するのが安心かと思います。

ただ、時間がない場合はITパスポートレベルの対策でもよいかと思います。

前にも言いましたが、参考書は必ず本屋で現物をめくりながら選んでください。

公務員試験は特に参考書によって「合う」「合わない」が大きいので、ネットのレビューや評価ではなく、自分の目で確かめることが重要です!

先輩合格者
先輩合格者

特別区の合格後に基本情報技術者試験を受けると一石二鳥です!

区役所のICT部署の人は基本情報技術者を持っている人がけっこういますので、特別区の試験がひと段落したら受験してみることをオススメします!

続いて選択科目について見ていきましょう。

選択科目はそれぞれ5問出題され、計25問の中から10問解答すればOKです。

ですので、選択科目の中から「どの科目を勉強するか」悩みどころだと思います。

  • 憲法
  • 行政法
  • ミクロ経済学
  • マクロ経済学
  • 政治学

結論から言うと、ミクロ経済学とマクロ経済学は捨てて、憲法、行政法、政治学の3科目を勉強するのがオススメです。

なぜならば、ミクロ経済学とマクロ経済学は癖が強く、苦手な人が多いからです。

一方で憲法、行政法、政治学は暗記科目なので苦手な人が少ないと思いますし、何より点数が安定しやすいです。

また、3科目勉強しておけば計15問に対応できるので、仮に5問分からない問題があっても満点を取ることができます。

ただ、経済学が合う人、暗記がどうしても苦手な人はミクロ経済学とマクロ経済学を対策すると良いでしょう。

なお、5科目すべて対策するのはオススメしません。

なぜならば、結局のところ選択できるのは10問ですし、何より特別区は次に開設する「論文」の点数が異常に高いと言われているからです。

つまり、専門試験で満点を取るよりも、論文対策に投資したほうが圧倒的にタイムパフォーマンスが優れています。

論文試験

テーマが2つ出題されて、そのうちの1題を選んで論述します。

字数は1,000字以上1,500字程度。

制限時間は80分。かなり急いで書かないと厳しい時間です。

先輩合格者
先輩合格者

時間が足りなくて書ききれなかった受験生が毎年います・・・

特別区では論文の配点がとてつもなく高いので、すばやく正しく書くスキルが必要です

しかも、教養試験と専門試験が終わって疲れ切っている状態でやらなくてはなりません。

すばやく正しく、安定して論文を書ける決定的な方法を以下の記事で徹底的に解説しています。

2次試験

1次試験に合格した後に、2次試験が待ち構えています。

例年7月上旬~下旬のいずれか1日を試験日に指定されます。

先輩合格者
先輩合格者

平日を指定されることもあるので、学校や職場の休みを取ることを忘れずに!

特別区採用試験は2次試験までなので、これに合格すれば余程のことがない限りどこかの区に内定はもらえます。

試験内容は面接1回のみです。

2次試験

人物及び職務に関連する知識等についての個別面接。

対策はこちらで徹底的に解説しています。

区面接

2次試験に合格すると、あなたの希望と試験成績を総合して、もっとも適切な区から連絡が来ます。

そして、その区の面接試験に挑むことになります。

これに合格すれば、晴れてその区へ採用内定です!

ほとんどの区は個別面接1回のみですが、一部では集団討論などを行う区もあります。

詳しくはこちらで解説しています。

絶対に知っておくべき特別区Ⅰ類採用試験の特徴と対策!

多くの自治体と併願できる!

特別区Ⅰ類採用試験は例年、他の公務員試験よりも1か月ほど試験日が早いのが特徴です。

多くの公務員試験と日程が被らないので、併願先が豊富です。

逆に、他の公務員試験が本命で、腕試しや滑り止めのために特別区を受験する人も数多くいます。2次試験の辞退率の高さがそれを物語っています。

先輩合格者
先輩合格者

試験内容がスタンダードなので、他の公務員試験と併願してもあまり負担になりません!

ただし、東京都庁Ⅰ類Bとは併願ができない

特別区Ⅰ類は東京都庁Ⅰ類B採用試験と例年日程が同じなので併願できません。

おそらく、人材の奪い合いを防ぐ目的があるのだと思います。

また、特別区経験者採用、氷河期採用とも併願できません。

受験資格的にはⅠ類も経験者も氷河期採用も受験できる方もいるかもしれませんが、そのうち1つしか受験できないので注意です。

希望の区に採用されるためには上位合格する必要がある!

特別区と一言にいってもまったく別の魅力や特徴があります。例えば港区と葛飾区は趣が全然違いますし、渋谷区と千代田区は雰囲気が真逆です。

ですが、どちらも特別区です。そして、どちらの職員になるにしてもこの特別区職員採用試験を突破する必要があります。

こちらの記事で詳しく解説していますが、希望の区に採用されるには特別区職員採用試験で上位合格することが必要です。

特別区職員採用試験自体はそこまで合格難易度が高くありませんが、上位合格して希望の区への採用を目指す場合、一気に難易度は跳ね上がります。

したがって、配点が非常に高い、論文と面接に力を入れる必要があります。

最終合格は総合判断(リセット式ではない)

最近では1次試験の結果は最終合格に使わないという自治体がほとんどです。いわゆるリセット式という方式です。

一方で特別区Ⅰ類採用はリセット式ではないので、1次試験の成績も最終合格に使われます。

したがって、面接が苦手な人でも一次試験で頑張って点数を貯めておくといった戦略をとることができます。

 

合格すれば3年間は採用候補者になれる

先輩合格者
先輩合格者

令和6年度からの超ありがたい新制度です!

特別区採用試験に合格すれば、「採用候補者名簿」というものに登録されます。

「採用候補者名簿」とは、簡単に言えば合格者一覧のことで、この一覧の中からそれぞれの区が人材を採用していきます。

で、今までは「採用候補者名簿」に登録される有効期間が1年だけでした。

つまり、合格したら次の年の4月から特別区で働くか、内定辞退するか選ばなくてはなりませんでした。

例えば2023年度の特別区採用試験に合格した場合、2024年の4月から特別区で働くか、それとも辞退して別の自治体や民間企業に行くかを選ばなくてはなりませんでした。

先輩合格者
先輩合格者

至極当然ですよね

しかし!令和6年度からは「採用候補者名簿」に登録される有効期間が3年に延びます。

つまり3年に延びたことによって、

  • 最終合格後に大学院へ進学し、3年後に採用
  • 最終合格後にNPOや民間企業等へ就職し、2年後に採用

といったこともできるようになりました!

例えば、就職の不安を抱えずに思いっきり大学院で研究に没頭することもできますし、民間企業を経験してみて、辛かったり合わなかったりしたら特別区に就職する、といったこともできます。

何なら3年間遊びまくっても、世界を旅しても、何したって良いんです!

就職先の不安なく自由に過ごすことができます。

3年以内なら試験を受けずに特別区に採用されることができます。

先輩合格者
先輩合格者

特別区という優良カードを残したまま、好きな選択をできるなんて夢みたいですね!

ちなみに、どの採用年度を希望する場合でも、受験申込みをする際に、希望する区・組合を第1から3希望まで入力します。

ですので、例えば2年後に採用されたい場合は、受験申込の時に書いた希望3区とは別の3区を書くこともできます。

とにかく論文の配点が異常に高い

特別区採用試験の特徴は何といっても論文の配点が異常に高いことです。1次試験の6割も論文の配点が占めると言われています。

つまり、論文ができなければ落ちますし、論文さえ良ければ受かります。

上位合格して希望区に行きたいなら論文ができるのは当たり前で、さらに高得点を取らなくてはなりません。万全の対策が必要です。

面接が苦手な方は、論文で稼げるだけ稼ぐ戦略が有効でしょう。

特別区は他の公務員試験と比べて短期合格者が多いですが、この論文の配点比率が原因だと言われています。論文さえできれば受かりますので、論文の勉強だけに注力すればいいからです。

しかし、論文はまともに向き合うと非常に難しいうえに、点数が安定しない科目でもあります。出題テーマを知っているかどうか、イチかバチかで合否が決まってしまうこともあります。

特別区Ⅰ類採用試験のまとめ

このように特別区Ⅰ類採用は、一見スタンダードな試験ですが、他の公務員試験とは異なる特徴があります。

やりがいがありますし、待遇も申し分ありません。非常に魅力的な自治体なので、ぜひ勝ち取ってください!

ただし、特別区に合格するためには論文・面接を避けては通れません。

なぜならば、特別区は論文・面接の配点が異常に高いことで知られているからです。

この通り、教養・専門の点数がどれだけあっても簡単に逆転が起こります。

したがって、特別区に特化した論文・面接対策を取ることが非常に重要です。万全の対策をして、確実に合格を掴みましょう!

それでは、あなたの合格と幸せな未来を願っています!