特別区Ⅰ類採用試験ガイド 採用方法が特殊です!

特別区採用試験ガイド
特別区採用試験ガイド
 
\フォローする/

特別区採用試験は、以下の自治体・組合の職員になりたい方が対象です。

  • 千代田区
  • 中央区
  • 港区
  • 新宿区
  • 文教区
  • 台東区
  • 墨田区
  • 江東区
  • 品川区
  • 目黒区
  • 大田区
  • 世田谷区
  • 渋谷区
  • 中野区
  • 杉並区
  • 豊島区
  • 北区
  • 荒川区
  • 板橋区
  • 練馬区
  • 足立区
  • 葛飾区
  • 江戸川区
  • 特別区人事・厚生事務組合
  • 特別区競馬組合
  • 東京二十三区清掃一部事務組合

 

特別区とは、東京23区の正式名称です。

東京23区には港区、江戸川区、世田谷区といった様々な区があり、それぞれ独立した自治体です。しかし、職員採用試験は一括して行っています。

たとえば、

「千代田区の職員になりたい!」

「世田谷区で公務員としてはたらきたい!」

といったように、23区のどこかの公務員になりたい場合、まず「特別区採用試験」というものに合格する必要があります。その後に、各区の面接試験を受け、合格すればその区に採用内定という流れになります。

 

今回はそんな、(ちょっとわかりづらい)特別区採用試験について徹底解説します!

特別区採用試験(Ⅰ類)は…
  • 22~31歳が対象
  • 教養試験、専門試験、論文試験、個別面接が試験科目
  • 特別区Ⅰ類採用試験に合格した後に、各区の試験がある。
  • 希望の区に採用されるには、上位合格が必要!
  • 最終合格は総合判断(リセット方式ではない)
  • 一次試験は論文の配点がとてつもなく高い
  • 試験日が早いので、他の試験と併願しやすい
  • ただし、東京都庁Ⅰ類Bと併願できない

☆論文対策が非常に重要!

 

Ⅰ類採用ではなく、経験者採用をお考えの方はこちらをご覧ください!職務経験4年以上なら受験可能です。

特別区採用試験ガイド【経験者採用編】 転職希望者必見の穴場です!

受験資格

採用年の4月1日時点で22~31歳の人、もしく21歳以下の大卒見込みの人が対象です。

たとえば、2021年(令和3年)に受験する場合、就職する2022(令和4年)年4月1日時点で31歳ならば受験できます。逆に、受験時に31歳でも翌年の4月1日までに32歳になる方は、受験できません。受験時の年齢ではないのでご注意ください。

大卒である必要すらありません。大学中退、フリーター、ニートでも問題ありません。年齢要件さえ満たされていれば、住所、年齢、学歴等について評価に影響ありません。

たとえば世田谷在住でも札幌在住でもまったく評価は変りません。大学新卒の22歳でも既卒31歳でもなんら評価に影響はありません。言ってしまえばハーバード大学卒でもニートでも変わりません。

先輩合格者【左 ♀】
先輩合格者

ほんとかなあ?と思うかもしれませんが、同僚をみてみると、たしかに出身も年齢も経歴もばらばらです!

独特な採用システムについてわかりやすく解説

まず、採用内定までの流れについて解説します。

ざっと簡略化すると、以下の5ステップが必要です。

採用までの流れ(簡易版)
  1. 特別区採用試験の受験申込
  2. 特別区採用試験を受験
  3. 特別区採用試験に合格
  4. 各区面接の受験
  5. 各区面接の合格(内定)

ご覧いただければわかる通り、「特別区採用試験」と「各区の試験」の2段階に分かれています。

特別区職員採用試験に合格しただけでは、まだどこの区の職員になるかは決まっていません。

その後の各区面接に合格してはじめて採用内定になります。

 

では、令和3年度のスケジュールを基に採用内定までの流れを見ていきましょう。

採用内定までのタイムスケジュール
  • 3/19
    試験・選考案内・申込書の配布開始日

  • 3/19~4/5
    受験申込

    原則インターネット申込。

    この段階で行きたい区を第1希望~第3志望まで書く。

  • 5/2
    1次試験

    筆記試験(教養試験+専門試験+論文試験)

  • 6/25
    1次試験合格発表

    合格通知に2次試験の試験日、集合時間および試験会場が載っている。

  • 7/6~7/16
    2次試験(対策はこちら

    個別面接(人物及び職務に関連する知識等について)。いわゆる人事院面接。

  • 7/27(技術職)
    8/4(その他)
    合格発表

    恐ろしいことに、合格順位が載っている。

  • 8/5~
    区面接

    合格順位、希望区等を考慮し、特定の区から面接の連絡がある。

    ※自分で面接を受けたい区を選ぶことはできない。

  • 採用内定

    受けた区から採用内定連絡がくればおしまい。

    もし受けた区の面接がダメだった場合、別の区から区面接の案内がくる。その繰り返し。

 

このように、一般的な公務員試験にあたる「特別区採用試験」を受験して合格したあとに「区の面接試験」があります。

国家公務員試験の官庁訪問のように、自分からどの区を受けるか選ぶことはできません。

「合格順位」と「受験申込のときに書いた希望区」を考慮し、もっとも適切な区が選ばれ、その区からあなたのもとに面接案内の連絡がきます。そして、その区の面接を受験し合格すれば採用内定になります。

もし区の面接で残念な結果になったとしても、次に適切な区からまた面接案内の連絡がきます。その面接で合格すれば採用内定、だめならその次の区から面接案内がくる…この繰り返しです。

先輩合格者
先輩合格者

特別区採用試験に合格すれば、よほどのことがない限りどこかの区に採用されますので過度な心配は無用です。

 

区面接についてはこちらの記事で徹底的に解説しています。

⇒特別区の区面接について徹底解説各区でこんな試験をします。

倍率

大変人気の自治体ですが、採用人数自体が多いので倍率は標準程度です。有名民間企業の採用倍率が平気で数十倍、数百倍に達することを考えると非常に低い倍率といえます!

年度採用予定人数申込者1次試験受験者1次試験合格者2次試験受験者最終合格者倍率
R3874名程度11,4499,0194,0983,0061,8814.8
R2906名程度14,3398,1214,7912,1971,7414.7
R元996名程度13,29611,5014,2443,2192,0325.7
H301,130名程度14,99812,7184,5053,8122,3715.4
H29980名程度15,17812,6834,2193,5993,5995.8
特別区職員採用試験(選考)実施状況より(http://www.tokyo23city.or.jp/saiyo/ji_index.htm

知っておくべき倍率のひみつ

ただし、この倍率にはひみつがあります!

次の表は、令和3年度Ⅰ類採用試験の実施結果です。

採用区分採用予定人数申込者1次試験受験者1次試験合格者2次試験受験者最終合格者倍率
事務874名程度11,449 9,0194,0983,0061,8814.8

さて、最終倍率が4.8になっていますが、これは「1次試験受験者÷最終合格者」で算出されています。

一方で、1次試験合格者と2次試験受験者をみてください。

1次試験合格者2次試験受験者
4,0983,006

1次試験合格者のうち約1100人が2次試験を辞退していることがわかります。

しかし、倍率はこうした途中辞退者までふくめて計算されているのです!

したがって、実質の倍率は4.8よりもかなり下がります。

これが正確な倍率だ!

では、正確な倍率はどうなのか?

それは「各試験の受験者数÷各試験の合格者数」で算出できます。

すると、次の通りになります。

年度1次試験倍率2次試験倍率
令和3年度2.21.6
令和2年度2.11.3
令和元年度2.71.6

これで正確な倍率になりました。

こうしてみると、1次試験が大きなウェイトを占めていることが分かります。

2次試験は比較的緩やかな倍率ですが、面接の配点比率が非常に高く、1次試験をくつがえすほどだとされますので、上位合格を目指す場合は万全の対策が必要です。

希望区に行くためには、倍率が一気に上がる

公表されている倍率はあくまで「特別区採用試験の倍率」です。

区面接の倍率は含まれていません。区面接でも当然、合格・不合格はあります。人気区の場合は区面接が本番と言っても過言ではありません。区面接を考慮すると、倍率は一気に跳ね上がります。

たとえば、一番人気のX区の採用予定人数が40人だったとします。合格者2000人のうち、200人がX区を第一希望にしていた場合、X区の倍率は単純に5倍ということになります。つまり、特別区採用試験の倍率に加えてこの5倍も考慮すると、他の人気自治体をはるかに上回る倍率ということになります。

したがって、公表されている特別区採用試験の倍率は「どこでもいいからとりあえず、どこかの区に採用される倍率」だということです。

希望区に採用されるためには、より一層万全の対策が必要です。

絶対に知っておくべき特別区試験の特徴と対策!

多くの自治体と併願できる!

特別区Ⅰ類採用試験は例年、他の公務員試験よりも1か月ほど試験日が早いのが特徴です。

多くの公務員試験と日程が被らないので、併願先が豊富です。

逆に、他の公務員試験が本命で、腕試しや滑り止めのために特別区を受験する人も数多くいます。2次試験の辞退率の高さがそれを物語っています。

先輩合格者
先輩合格者

試験内容がスタンダードなので、他の公務員試験と併願してもあまり負担になりません!

ただし、東京都庁Ⅰ類Bとは併願ができない

特別区Ⅰ類は東京都庁Ⅰ類B採用試験と例年日程が同じです。おそらく、併願を防ぐ目的があるのだと思います。

希望の区に採用されるためには上位合格する必要がある!

特別区と一言にいってもまったく別の魅力や特徴があります。例えば港区と葛飾区は趣が全然違いますし、渋谷区と千代田区は雰囲気が真逆です。

ですが、どちらも特別区です。そして、どちらの職員になるにしてもこの特別区職員採用試験を突破する必要があります。

こちらの記事で詳しく解説していますが、希望の区に採用されるには特別区職員採用試験で上位合格することが必要です。

特別区職員採用試験自体はそこまで合格難易度が高くありませんが、上位合格して希望の区への採用を目指す場合、一気に難易度は跳ね上がります。

したがって、配点が非常に高い、論文と面接に力を入れる必要があります。

最終合格は総合判断(リセット式ではない)

最近では1次試験の結果は最終合格に使わないという自治体がほとんどです。いわゆるリセット式という方式です。

一方で特別区Ⅰ類採用はリセット式ではないので、1次試験の成績も最終合格に使われます。

したがって、面接が苦手な人でも一次試験で頑張って点数を貯めておくといった戦略をとることができます。

 

とにかく論文の配点が異常に高い

特別区採用試験の特徴は何といっても論文の配点が異常に高いことです。1次試験の6割も論文の配点が占めると言われています。

つまり、論文ができなければ落ちますし、論文さえ良ければ受かります。

上位合格して希望区に行きたいなら論文ができるのは当たり前で、さらに高得点を取らなくてはなりません。万全の対策が必要です。

面接が苦手な方は、論文で稼げるだけ稼ぐ戦略が有効でしょう。

特別区は他の公務員試験と比べて短期合格者が多いですが、この論文の配点比率が原因だと言われています。論文さえできれば受かりますので、論文の勉強だけに注力すればいいからです。

しかし、論文はまともに向き合うと非常に難しいうえに、点数が安定しない科目でもあります。出題テーマを知っているかどうか、イチかバチかで合否が決まってしまうこともあります。

まとめ

このように特別区Ⅰ類採用は、一見スタンダードな試験ですが、他の公務員試験とは異なる特徴があります。

やりがいがありますし、待遇も申し分ありません。非常に魅力的な自治体なので、ぜひ勝ち取ってください!

ただし、特別区に合格するためには論文・面接を避けては通れません。

なぜならば、特別区は論文・面接の配点が異常に高いことで知られているからです。

大手予備校、過去の受験生の成績から算出。

この通り、教養・専門の点数がどれだけあっても簡単に逆転が起こります。

したがって、特別区に特化した論文・面接対策を取ることが非常に重要です。万全の対策をして、確実に合格を掴みましょう!

それでは、あなたの合格と幸せな未来を願っています!